悟りという言葉は何を指すものなのか

悟りとはいったい何を指すことでしょうか。
一般的に使われていたりする言葉の中には、この悟りのように、あまり意味を考えずに使われていることがあります。
簡単に使われることもありますが、実は深い意味がある言葉であることに気が付くと、どうやったら悟りを開くことができるのかということを考えるようになるのです。

掲載記事の参照元:悟り・真我・本当の自分を知る方法

真の意味を知ることとは何か

悟りとは、簡単に意味をとらえれば、物事の意味を知り理解することです。
意味を知るということは、本当にどんなことなのかを認識することでもあるでしょう。
仏教用語として使われている言葉でもあり、生死という物にとらわれたところを超えて、心理を会得するということでもあるのです。
そのために、厳しい修業を行い、迷妄を払うことが必要とされています。

もっと簡単に、悟り世代という使われ方もするでしょう。
若いうちから自分の将来像を見つけてしまい、それ以上を望まないようになってしまう世代のことを指しています。
ゆとり世代と同じように使われることもありますが、こちらは努力をすることだけが必要ではないと思っている世代といえるでしょう。
ところが、悟り世代の場合には、努力ということを見失ってしまっている点に問題があったりもするのです。
使い方としては、まったく真逆の一にありますが、何か見極めていくことが、悟りの一つの答えであることは間違いないでしょう。

自分を探し見つけること

悟りということを考えた場合、己を知るということにもつながっていきます。
自己を知らずして、真理にたどり着くことはないでしょう。
なぜならば、本当の真実という物は、自分の中にしか存在せず、人が作り出したりするものではないからです。
つまり、本当の自分を探すことこそが、悟りという言葉の真実の一端でもあるということになるでしょう。

自分を探すということは、すべてを超えて本質を見つめることになりますが、そのためには、世界や現象ということも知り、感じていかなければいけません。
どこにもありそうで、どこにもないものだからこそ、無限の可能性を持っているものでもあるのです。
簡単に見つけつかむことができるものではないからこそ、時間をかけ、自分を見つめ探していかなければいけません。